本サイトについて

就職、転職に有利な資格全ガイド。キャリアアップや1人でも生きていける力を付ける、自分の世界を広げるなど資格や仕事は人生にとってとても重要なものです。自分らしい生き方をするために。資格と仕事についての情報を提供します。たとえば、「今の仕事のスキルアップに役立つ資格」や、「就職、転職に役立つ資格」、 また「将来性があり、自分の将来に役立つ有望資格」や、「お金を稼ぐのに役立つ資格」 、「人の役に立てる資格」など、さまざまな「役立つ資格」があります。

高卒ニートが、人生を大逆転させた転職術!

最終学歴は高卒(大学はほとんど行かずに中退しました)。
しかし、通常高卒では入社出来ない会社に次々と入りました。最初は経営コンサルタント会社、その後、大手会計事務所です。
これから、その秘密をお話しますね。
ポイントは…【資格】です。当時は何も考えずに取得した資格、行政書士・社労士が、実は、需要のある資格だったわけです。
会社に入社する前の私は、行政書士で開業していました。
といっても、右も左も分からず、お金への罪悪感もあったため、成功しませんでした。
その後、紆余曲折の後、就職が決まったわけですが…初めの内は、資格を意識しないで面接を受けていました。
総務部の業務が社労士に近いと聞いた。
それなら面接を受ければ、採用されるのでは?
そう、考えていたわけですね。
しかし面接を受けても、採用には至りません。
もともと口下手でしたので、自己アピールもうまくいきませんでした。
何社受けても、受からないわけです。
それが、ふとしたきっかけで、面接に落ちなくなりました。
ハローワークでも、市販の転職雑誌でもかまいません。免許・資格欄に、【社労士資格者優遇】、この言葉が記載されている会社に、面接に行ったのです。
すると…あっけなく採用が決まりました(笑)
社労士以外に行政書士もあるということで、社長の期待も自然に高くなったのでしょう。
また、面接では、出来るかぎり強気に振る舞うようにしました。
先ほど記載したように、自己アピールが下手ですので、無理に喋るのではなく、『御社に採用されなくてもかまわない』といった態度を貫き通したのです。
すると逆に、経営者は興味を抱きます。

市販の転職雑誌でも同じ

私の場合は社労士がキーポイントでしたが、これから資格を受ける方は、ハローワークに行き、希望業種をチェックしてください。
実際の求人票の資格欄に、○○○優遇、と書いてあれば、採用が決まりやすい資格となります。
しかし同時に、経験者優遇、という言葉もあると、中途採用では厳しいでしょう。
何となく資格を取るのではなく、選択の段階から戦略的に進めていくことが大切です。
また、求人票を眺めることにより、現在勢いがある業種も知ることが出来ます。
これは、求人票に限らず、市販の転職雑誌でも同じですね。世間的に求められている業種を知ることが可能です。
もちろん、ネット上の転職サイトを眺めてもいいでしょう。
また、現在は、急に正社員となるよりも、最初は契約社員から、という規定も多く見られます。
もし将来的に、資格で独立を考えられているなら、契約社員として経験を積む、という方法もありますね。
尚、経営コンサルタント会社の求人はハローワークで見つけ、会計事務所は市販の転職雑誌で見付けました。
特にハローワークは、毎日、新規募集が行われています。
現在は全国的にコンピューターが導入されていると思いますが、最新の求人については、プリントアウトされたものが、置かれているはずです。
私がハローワークに通っていた頃は、2〜3 日前の分も置かれていましたので、まずはそこからチェックするようにしてください。
尚、良く見かけた資格は、コンピューター系資格と、薬剤士でした。調理士や保育士は、求人はそこそこあるものの、経験重視、といった言葉が多かった気がします。
そのような面から言うと、社労士はごく少数でしたが、企業に強く求められている資格、ということです。
資格の取得は、独立だけではなく、転職にも力を発揮します。しかし、ただ単に取得するだけでは無駄にしてしまいますので、転職メインで考えている方は、最初に需要と供給を見極めるようにしてくださいね。
また、その後の面接では、資格者としての正しいプライドを持つようにしてください。
特に士業系の資格は、取得しているだけで、ハロー(後光)効果が生じますので、強い気持ちを大切にしてくださいね。
以上が、私が経験した転職の方法です。
資格学習だけではなく、選択においても、戦略を大切にしてくださいね。

資格を活かす転職を支援
市販の転職雑誌でも同じ
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康食品