本サイトについて

「男性もマリッジブルーになるんですか?」と聞かれる場合も多いんですが、男性ももちろんなります。男性の場合は、「自由がなくなる」という恐れが強いですね。結婚前のマリッジブルーは、実は男性の方がひどいなんて話もあるほど。結婚が決まって幸せの絶頂のはずなのに、「この人と結婚していいのかな?」という不安な心理状況になることです。結婚前に知っておきたいマリッジブルーの症状と解消法を紹介していきます。

世間は知らない男のマリッジブルー

世間一般では「マリッジブルー=女性に起こること」と思われがちですが、最近は男性も言われるようなりました。
でも、これは今になって起こったことではなく、昔からあったことだと思います。
ただ、最近は昔ほど、男性に強さを求めなくなったり、弱音を吐いても寛大な風潮が育ちつつあるので、男性のマリッジブルーも表面化されたに過ぎません。
結婚前の不安は男女共に起こることです。
結婚する人には、等しく起こることと認識をして下さい。
むしろ、結婚のプレッシャーは男性の方が強いです。
でも、この不安はある日、突然に消えます。
永遠に続くものではありません。
僕もそうでした。
あなたも僕と同じように、マリッジブルーを乗り越えて、幸せになって欲しいです。

マリッジブルーって、何?

世間ではよく言われますが、なって見ないと分からない物ですよね。
カタカナで言うと格好いい響きですが、(語弊はあるかもしれませんが)和訳すると「結婚前 鬱症」
(マリッジ=結婚、ブルーは英語圏では鬱など、精神的停滞状態を指します)
実際に起こることは、「心がブルーなの」って生やさしい物ではないですよね。
真っ直中の人にとっては、このプレッシャーは重く、「人生が終わるかも知れない」ってくらい重く感じる人もいます。
さて、原因ですが・・・それは、人それぞれです。

男性特有の原因は
・家計を支えることへのプレッシャー
・始めて親元を離れるため未体験の事柄への不安

女性特有の原因は
・家事を出来るかの不安
・両親と離れた土地での生活の孤独感

これらの原因は、結婚するなら誰でも感じる物です。
結婚生活が始まれば、時間と共に消えていきます。
心配する必要はないでしょう。
程度の差や、性格の問題もありますが、誰でも感じるものです。
始めての体験ですから、誰でも不安になります。
一番、問題になるのは「相手」への不安
これは男女関係なく、同じウエイトで掛かります。
パートナーとの兼ね合いにもなりますから、人によってストレスも違います。
ただ、この問題の心の迷宮に入ると、抜けることが一番、やっかいです。

置き去りの心はありませんか?

昔は今よりも、マリッジブルーは少なかったようです。
結婚すれば一人前と言う、常識などもあったからでしょう。
それ以外に結婚する、当事者の負担も軽かったです。
式場を決めることも、新居を決めるのも、家具の手配や、式の内容まで、ほとんどが親が決めていました。
それに比べて今は結婚のことの半分以上が、当事者の作業になります。
式場を決めに、何件も歩くのは疲れます。
電卓を見ながら式の演出を決めたり、新居の場所を決め、家具を選ぶのは、本当に大変です。
生まれて初めてする作業の連続で、気疲れをして当たり前です。
これらのことは、昔は親が負担をしてくれたのです。
疲れれば人は、余裕がなくなります。
そんなとき今まで見えなかった、欠点が極端に大きく見えたり、知らなかった本質を見ることになります。
マリッジブルーになったときに感じたのは、「心の準備が出来ていなかった」から結婚したくないと思っている、取り残された自分が片隅にいたことも原因でありました。
準備が始まれば、余計に心は焦りと不安を感じます。
その距離が空けば空くほど、ストレスが強くなります。
心の準備には年齢も、(長期付き合った人は特に)期間の長さも、役に立ちません。
30 歳を超えていても、実際に結婚となるとたじろぎます。
10 年付き合っていても、結婚を意識して数年の時間が流れていも、式が近くなると焦りを感じるときは感じます。
どこかで置き去りになっている、心はありませんか?
心を探して今の時間にあった状態に、成長させないと準備が進むに連れて、ストレスが重く圧し掛かります。
そんな自分がいると思ったら、正直に相手に相談し、結婚準備を休むことです。
そして、やり残していることを、二人でしましょう。
あなたにとっては、夫(妻)になってからでは、出来ないと思っていることです。
きっと、心残りになるようなことは、恋人として彼女(彼)にしなければいけないことがあるからです。
ですから、結婚する前の気持ちになって、恋人時代に戻ってみましょう。
時間は浪費するかも知れませんが、その後の二人の関係が良くなるなら、貴重な時間だったと後になって思うでしょう。

離婚の種は婚約期間中に芽吹く

嫁の友達が言った言葉があります。
「婚約期間中に起きた不和は、結婚生活が続く限り抱える不和の種だ」
結婚してからこの言葉が、身に染みることがあります。
些細で下らないことが、不和の原因になります。
買ってきたパンが、アンパンかクリームパンかで喧嘩したり、洗濯機をいつ回すかだったり。
原因だけを聞くと、本当に下らないです。
けど、喧嘩をしているときは本気で、トサカに来て言い合っています。
そして、意地を張って、謝るタイミングを逃して数時間の間は、同じ家に居ながら別々に座っていることがよくあります。
全ての原因は婚約期間中に喧嘩になった、考え方の癖が衝突の原因です。
今の不満とも、一生の付き合いになります
その不満を無期限に我慢できますか?
変化が目に見えるようになるのに期限はありません。
結婚すれば人は変わると言いますが、目に見えて変化が出るまで、10 年以上の時間が掛かる
場合もあります。明日変わることもあります。死ぬまで変わらないかも知れません。
それでも愛せますか?
喧嘩しても愛おしいと思える人とでないと、結婚生活は続きません。
その自信の度合いが、結婚生活が続く確率です。
これぐらいのことで愛情を失う程度の人なら、共同生活を続けるのはかなり難しいものがあります。

マリッジブルーには、話し合いが解決の一番の近道です

両親に答えを見つけるのに、簡単な質問をされました。
あなたも初心に戻って、この質問を心に問いかけてください。
質問を問い掛ける前に、条件があります。
それを守ってください。
・答えは「Yes」か「No」で答えてください。
・周りの事情や、親の意見、他人の反応、金銭的事情などは考えない
判断するに、自分以外の事情が混ざっているから、本心が見えなかったことがありました。
この問いはあなたの心に向けて、真っ直ぐにする必要があります。
こんなことを言われました。
「彼女(彼)がいなくても、生きて行けますか?」
少しでも離れたくないと思う気持ちがあるのなら、愛情がある証拠です。
前向きに考えて話し合いをして下さい。
ここまで話がこじれるには、2人で腹を割っていなかったから来たのが原因です。
周りで聞いている分には、話し合いが出来ないには二つの原因があります。
1 本心を言わずに過ぎた
2 言っても相手に聞く耳がない
1の場合、誰と結婚しても上手くいきません。
結婚生活では言いすぎもいけませんが、言わなすぎはもっと悪いことだからです。
一生、言いたいことを我慢して、生きていくことは出来ません。
2の場合は話し合いで、解決する必要があります。
話した直後で直ぐに、人は変われません。
暫くの間は我慢が必要なことは、念頭に入れましょう。
分かれる場合でも婚約破棄と言う事で、慰謝料が発生したりしますので、話し合いは不可欠です。
親を通して話をしたり、逃げ回るのは止めましょう。
どちらの結論にしろ、本人同士の徹底的な話し合いが、2人の納得の行く結果を出す方法です。
結婚相手は自分に合った人を選ぶことが重要です。
今の婚約者が自分に、合っているのかを話し合いを通して見極めましょう。

男のマリッジブルー症状の解消法
マリッジブルーって、何?
置き去りの心はありませんか?
離婚の種は婚約期間中に芽吹く
マリッジブルーには、話し合いが解決の一番の近道です
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3
リンク集4

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康食品