病院での痔の検査

どんな症状で病院にいったとしても、色々医師と相談し(医療面接)、全身の診察(身体診察)の所見を参考に、疑わしい疾患を想定して必要な検査が行ってもらいましょう。
血便の場合には、直腸指診という身体診察が重要になってくるようです。
それは、その言葉の通り指を肛門から挿入して診察するものです。
直腸癌の約半数は指が届く範囲に発生しますので、この直腸指診だけでも診断ができるので安心してください。
次に、出血源の検索(大腸主体の検索)の目的で、大腸内視鏡検査(肛門から内視鏡を挿入し、全大腸を観察する)や注腸造影検査(肛門から大腸内にバリウムと空気を入れて、大腸のレントゲン写真を撮る)が行われることが多いでしょう。
その後、必要に応じて胃内視鏡検査、腹部超音波検査、CT検査などが行われるのです。
参考までに正常直腸、直腸癌、直腸ポリープ、潰瘍性大腸炎(若年者に多い)の内視鏡写真を提示していきます。
=================
症状への対策を始めるのに時期は関係ないのです。

  • 今福敏雄※うつ病
  • 「どうして、わたしの症状は解消できないのだろう?」と悩んでいるのはもうおしまいです。
    ここで、高額なお金を必要とせずに改善する正しいやり方が分かりやすく解説されています。

    Both comments and trackbacks are currently closed.