いぼ痔の自分で治す治療法や薬

いぼ痔(イボ痔)の症状について

いぼ痔(イボ痔)には内痔と外痔という2種類がありますが、これは、自我発生する場所によって区別されているものです。このいぼ痔について、段階を追って治療方法が異なりますので、まずは、その症状を確かめておきましょう。

 
1 発生の初期は小さな痔核ですので、いぼ痔に気が付くのも、排便したときに出血があった場合ぐらいで、痛みがまったくありません。この場合は、生活習慣のどこがよくないのかを考えて見ましょう。自分で治すことが出来ますよね。

 
2 第一段階が進んで、痔核が排便の際に外に出てしまいますが、排便が終わると元に戻る低との、まだ小さな痔核だと考えていいでしょう。肛門の外に出たいぼ状にものがあれば、いぼ痔とわかりますよね。

 
3 さらに症状が進むと、痔核が自然に元に戻らなくなります。この場合は、自分で指で戻すなんて経験のある方も多いでしょう。また、排便以外でも、咳をしたとき、立ち上がったときなどに脱肛してしまう場合が多いです。大きな痔核が出来ているために、常に便が残っているような不快感がありますね。

 
4 この段階では、常に、痔核が肛門外に出ていて、もはや自分では中に入れることが出来なくなります。
とくに、3,4の症状になった場合は、病院に行かないとダメです。と言うのも、自分で直すのは無理ですし、いぼ痔以外の病気のこともありますので、医者に診断してもらう方が安心だからです。

  • 蓑田知幸※痔を治す方法
  •  

    いぼ痔(イボ痔)の自宅治療方法

    出来れば、通院せずに自宅で自分一人でいぼ痔(イボ痔)を直したいと、思う方が多いのも無理からぬことです。居無事の初期であれば、自分の生活習慣などを見直すことで、かなり対処できます。では、どんな方法があるのでしょう。私の経験上、お勧め市販薬とグッズをご紹介します。

     
    ・万能きず薬「キップパイロール」(市販薬)
    痛みがあるときはもちろん、痛くなくても何となく気持ち悪いときに、患部に1日2~3回塗ってください。傷用の薬でいろいろ使い道はありますが、痔専用の軟膏よりも、安いし効果があったと思います。

     
    ・レンシン(粉薬)
    少々激しい症状でも、1日2回、朝は食前、夜は就寝前に1回1包を服用します。1週間ほどで痛みなどが消えましたが、しばらく続けて飲みましょう。 痔の症状が出る出ないにかかわらず、毎日飲んでました。

     
    ・携帯ウォシュレット 
    症状が思わしくない時に、長期の外出は避けたいものですが、やむを得ない場合には、これは必需品です。オフィスにウオシュレットがない場合にも、是非利用してください。

     
    ・円座クッション
    私が気に入ったのは、ムートン素材のクッションでした。仕事柄、座る時間が長いので、家で使うよりは職場専用でしたが、はズルことなく、使ったほうがいいですね。
    最後に、さらに悪化して、手術を勧める医者もおります。ですが、すぐ手術をするのではなく、出来るだけ生活改善を図り、いぼ痔を治療することが大事だと申し上げたいと思います。

     

     

    いぼ痔の薬

    いぼ痔の薬には、坐薬、軟膏、内服薬の3種類がありますので、いぼ痔の症状にあわせて、使い分けねばなりません。
    では、それぞれの特徴なとをまとめておきましょう。

     
    坐薬とは、紡錘形をしたやわらかい固形の薬で、肛門内では溶けて、痛み止めや止血の役目をします。溶けた成分がいぼ痔の部分をカバーして、排便の際の刺激をやわらげてもくれますし、直接いぼ痔に触れますので、効果が早いです。寝る前に使うと、寝ている間に肛門周辺に薬が広がり、夜の間に患部を治すと言われておりますし、翌朝には、患部の痛みが緩和されていて、排便が楽になっていますね。使用するときには、手を洗って、しっかり奥まで差し込んでください。

     
    軟膏とは、肛門の周辺に自分で塗るもの、チューブの先端をさし込んで注入するものとがあります。働きは座薬と同じですが、痔核が肛門の出口付近にあって、坐薬を使えない時に有効です。

     
    内服薬とは、便秘の時にウンチをやわらかくする緩下剤ですが、いぼ痔用に、消炎剤、抗生物質が入っています。
    最後に、副腎皮質ホルモン(ステロイド)が含まれた薬について、注意点を申し上げます。
    痔の薬は、ほとんどのものに、副腎皮質ホルモン(ステロイド)が使われています。これが含まれている薬を長期間使うと、副作用て粘膜がだたれたり、全身にも副作用が出る場合があります。

     

     

    市販品の場合は副腎皮質ホルモン(ステロイド)が入っているかどうかの確認は必ずするようにしてください。わからない場合は、専門のお医者さんにきちんと尋ね、確認したうえで使用することが大事です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>